読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷える

寒いの辛い。たしけて…

寒い

無理。最近は11月なのに寒い。北海道なんか雪降ってるし。

冷えやすい

手足が冷えやすくてもこもこ靴下やひざ掛けが必需品である…女子かよ。ここ最近はもうマフラー巻いたり手袋したりしている。スーツの時はコート着たり。やっぱ運動しないのが冷える原因なんだろうか。運動という運動、最後にしたのはいつだろうか…

足が冷えるのも辛いけど手が冷えるのはもっと辛い。なにせ音ゲーがうまくできないPCのキーボードが上手く打てなくなるからだ。うまくTwitterができないじゃないやコーディングができなくなるので辛い。辛いと寒いしか言ってない。冷え冷えだから爪の根元の色が青いんだ…

対策

知らない。入浴以外に何か教えてほしい。マジで。それか誰か手を握ってくれ。女の子が良いです。

終わり

手が冷たい人は心が温かいとかそういうのいいから。

ではまた。

バイト

働きたくない。みんなそう。

出費

趣味はマンガやゲーム、アニメといったものであるが基本的にグッズはあまり買わないので趣味にお金がかからない。 それに何より休日に遊びに行ったりするお友達が皆無なので交際費もない。出費といえば食費くらいだ。 その食費も実家ぐらしのためにあまり掛からないのだけど…

じゃあ働かなくていいじゃん

それはそう。だけどバイト始めた。何故かと言うと、暇だったからである。毎日暇すぎて退屈に殺されかけていた。何か他の趣味とか探しても良かった気もするが時間を潰せてお金が手に入る方が良いかな、と思ったのだ。

やってしまった

何を思ったか朝から夕方までのバイトを始めてしまったのだ。朝がつらすぎる。毎日だらだらと過ごしてきた身には堪える…しかしこの労働時間は一般的な会社員の「定時」である。それさえもかなりつらい。社会で生きていける気がしない…

前よりは良い

去年あたりは新しいパソコンが欲しくなって飲食系でバイトをしていた。その時は今より辛かった。なにせ周りは自分の親と似たような年齢の人たちばかりで喋る相手いないし、仕事上覚えるものが何も将来につながらない(専門ではないの意)。ただただ無心で時間をお金に変える作業をしていた。今はIT系の所でバイトしてるから勉強にもなるなあって感じ。

それでも

労働はつらい。就職とかしたらバイトの今より仕事増えるんでしょ?無理ですねえ。就職できるかはまた別問題だけどさ。

終わり

一生分の金をくれ。

ではまた。

オタクとカフェ

ブラックコーヒー飲めない。

デビュー

今年に入って月に数回はカフェを利用している。今までカフェなんて洒落た店に入ることとは無縁だったが、街のはずれを歩き回った際に周囲に店がなく仕方なしに入った事がきっかけでたまに利用するくらいになった。何という店であったかは忘れた。強そうな名前。

居心地

店による。と言っても色々な店に詳しいわけではないが。よく行くのはドトール。近くにあるからここに行っているというだけである。それに注文の仕方も普通で初心者(?)に優しい。店内もそこまでガヤガヤしておらずまだ落ち着いた雰囲気だ。

やはり静かで落ち着いた雰囲気の場所が良い。おそらくカフェよりも喫茶店のほうが個人的に合っているとは思うが、財布に厳しい。喫茶店はカフェよりも割高なことが多いのだ。

異世界スタバ

大学近くにはスタバもあるがもう入り口から無理だ。客層が自分とかけ離れている気がする。見た目がウェイや意識高そうな人々ばかりで、オタクは立入禁止なんじゃないかと思うくらいだ。店によって警報とか鳴ったりするんじゃないかな。

注文も難易度が高い。にこにこ元気な若い店員が注文を待っている。サイズの名称も独特でオプション?もまるで呪文だ(二郎系オタクはこの辺対応できそうな気もするが)。あと名前聞いてくるとかやめて…

そんなわけで一度しか行っていない。

好きなところに行くんだ

カフェはコーヒー飲んですぐに店を出てしまうと高い。場所代が結構取られているので長居前提だろう。なので、自分にあった雰囲気で落ち着ける店を探すのが重要だ。オタクに優しいカフェ、ありませんか?

メイドカフェは違う。

終わり

「スタバなう」にスタバの写真添える人はTwitter向いていないよ。

ではまた。

飯ツイ

Twitter依存マンだからTwitterの話ばかりしちゃう。

生活を垣間見る

TLを見ていて食事の画像を添えたツイート…飯ツイが流れてきたらついついふぁぼってしまう。特別おしゃれで美味しそうな画像に対してというわけではない。僕は美しい食べ物の画像が好きなのではなく、人の生活が見えてきそうな食事画像が好きなのだ。今日は奮発しているな何か良いことあったのかな、とか勝手に想像したりしている。…フォローしている層が偏っていて、基本的にラーメンの画像ばかりなんだけど。

自分はそんなに食べない

人様の食事を覗いて楽しむくらいには食事は好きだが、自分自身そんなにたくさん食べるような人間ではない。満腹の状態も好きではないし空腹でなければ良いとさえ思っている。ただ、美味しいものを食べたい。量より質というやつだ。料理が上手な方に食生活を管理されたい。

好き嫌い

脂っぽいものは苦手。自分は野菜とか果物とか健康にも良さそうなものを好む傾向があって、好きなものを食べていればそう不健康にはならないという都合の良い嗜好を持っている。大変よろしい。まあ体に悪そうなの大量に食べたくなる時もある。でもそんなに食べられない。

食事が原因で体を壊す時、それは貧困で栄養が摂れない時だろう。

終わり

これからもみんなの飯ツイ待ってるよ。

ではまた。

なんとなくブログ始めた

始めたよ。

続くとは限らない

なんとなくブログを開設してみた。特別な理由もなく、Twitterのフォロワにブログを書いている方がちらほらいてそれに影響されただけである。

特にテーマはない

なんとなく始めたんだからそれはそう。思ったことや自身について適当に綴ると思う。

って今思った。

Twitterの140文字という制限は日常のことを書くには十分だが何かしらの意見主張を書こうとするとすぐに制限に達してしまうのである。長い駄文をTLに流すのもなかなかに迷惑な行為でもある。そんな時にブログの登場だ。ここは好き好んで読みに来る人しかいない。長くても文句はないだろう。

「強く生きろ。」って何

Twitterのbioにも書いてある言葉。強く生きろと言う割にはバイタリティの欠片も感じないような投稿をしており、フォロワに「人間に興味なさそう」など言われてしまったが、これはあれだ。自分に言い聞かせてるやつ。

気づいた

ここまで書いて気づいた事がある。小見出しごとに区切ればTwitterとさほど変わらない。Twitterのやり過ぎによって、考えなしに文章を書くと細かく切ってしまう癖がついてしまっているようだ。

終わり

まとまりないけど今回はこれで終わり。

ではまた。