性格診断

あけましておめでとうございます。

やってみた。

エゴグラムというものをご存知だろうか。簡単に言えば性格診断の一種である。最近これをやってみた。結果が以下のとおりである。 f:id:akiikaakiika:20170101220919p:plain なんというか、最悪であった。

しかし、これが言っていることは殆ど当たっている。性格や対人関係の結果なんかよく当たっていると感じた。恋愛・結婚に関しても確かに納得がいく。同い年の人々と比べるとやはり自分は消極的だ。職業適性を見ると、運良く自分の勉強している分野が含まれていた。なるべくしてなろうとしているのか。

捉え方

この診断に限らず、こういった性格診断の結果を受けて一番良くないのは、鵜呑みにして「自分はこういう人物だ」と思い込むことなんじゃないかと思う。あくまで参考に留め、悪く言われた部分は日頃の戒めとして良く言われた部分は疲れたときの心の支えにするくらいで良いんじゃないかな(適当すぎ?)。他人からの評価を全く気にしないのは社会で生きていけないと思うけれど、気にし過ぎは毒だと思う。

僕は全然気にしないタイプ。そうすることで自己防衛しているのかもしれないなあ、なんて。

そもそも物事は様々な表現ができて、良くも悪くも言える。例えばあなたの性格を「細かい」という人も入れば「几帳面」という人もいるだろう。悪く言われて傷つくなら、良く言われて調子に乗ってしまうのなら、表現を自分の中で変換して捉えてみれば良いと思う。

それと、本質的に捉えれば良い。「細かい」も「几帳面」もどちらも同じ事ではないだろうか。あなたを評価した人物がどう感じたかの違いはあるだろうが。この違いは社会や集団で生きていくには区別しないと人間関係上手くいかないだろう。実際人に何か言われる時は言葉の裏や皮肉もあったりして難しいのだけど。

終わり

ポジティブに生きろ。

では、また。