メモ

文字を書くスピードマシにしたい

間に合わない

仕事で指示されたことのメモを取ると思う。大抵は話を聞きながらメモをとるだろう。しかし自分は文字を書くのがどうも遅いらしく苦手である。メモをとるのを待ってもらったりもあるが、中々待ってもらいづらい人もいるわけで…

ということで最近はメモのとり方を変えている。

書かない

いや、書くけど。話を聞いている最中に書かない、という事である。聞き終わった後にまとめてメモを残すのだ。こうすることで、話に集中できるしメモをとるのに話を中断してもらい会話のテンポを崩してしまうということもない。

開き直り

話が終わった後内容忘れたらどうするの?と疑問に思うかもしれない。その時は考えても無駄なので諦めて質問しに行く。ただ、話の直後に内容を忘れてしまうほどの情報量をいっぺんに与える側に問題があるのではないだろうか。メモをとっていると指示が頭に入らないしメモを取る時間を確保すると指示する時間も長くなってしまう。そんなに長いなら最初から指示を書面に纏めておけと言いたい。そのほうが確実だ。

そう上手くいかず…

とはいえ、普通にダラダラと長い指示を出してくる人もいるし(やめて)メモをとっていないと心配してきたりする人もいる(良い人ですね)。また、印象が悪いという人もいる(知るか)。結局メモをとったりとらなかったりフリしたりだ。やはり、速く書けるに越したことはない。

終わり

ボイスレコーダーは手を出していない…

では、また。