好きなことをして生きていくって

厳しい

なんだそれ

僕はIT系志望で就活していたが、幾つかの企業で「プログラミングは好きですか?」といった事を訊かれた。「好きなことなら頑張れる」「好きなことなら続けられる」「好きなことで仕事をして楽しんでもらいたい」…だそう。

仕事は仕事

仕事には責任も納期もあって常に追われ続ける。生きていくためには仕事をしていかなくてはいけなくて、やめるわけにもいかない。呪縛のようなものである。例えばどんなに好きな食べ物があったとしてもそれを毎日食べ続けられるだろうか。最初の数日、数週間くらいは平気だろうが誰しもが途中で飽きて嫌になって最後には見ることすら拒絶したくなるはずだ。大好きだったものが最後には見るのも嫌なものになってしまうのである。

仕事はどんなに気が乗らなくても、どんなに苦痛でもしなければならない。既にそれが嫌になっていたとしても続けなければならない。「好きを仕事に」なんて言葉は苦痛に耐え、嫌々仕事をしている現実から目を背ける為のものだ。無理矢理やらされていて嬉しいはずもないのに「好きなことで仕事しているから自分は幸せなんだ」と。

途中で辞めたら

嫌になったら辞めたら良いかというと、多くの場合、現実的に考えてそういうわけにもいかない。なぜならある程度続けてきたことには専門性があり、その専門性に対して対価が支払われるため、途中で辞めて転職なりするとその専門性が失われ、給与が下がる。ある程度の専門性を持った頃には年もそれなりになっているだろう。無論そんな年齢の新人など待遇もあまり良くない。

飽きたら違うことして生きていこうとするとどうしても収入も待遇も低くなる。高い収入良い待遇が欲しければ嫌でも同じことをずっとし続ける呪縛を甘んじて受け入れなければならないのだ。厳しいね。多くの人の場合、収入や待遇が下がるのを嫌って仕事を継続するが。

本当に好きなことを仕事にしようとして職を転々とすると収入がとても少なくなる。まあその少ない収入前提で人生設計して生きていけば好きなことをして、我慢も必要なく、己を騙す必要もなく、「自然に」生きていけるのかもしれない。(金欠は解決されないかも…)

終わり

僕が飽き性だからこんな考えなのかもしれないけど。

(途中から何書いてるかわからなくなった)

では、また。